中央大学ビジネススクール(CBS)は、ビジネス・パーソンに特化した経営大学院として2008年に開講した比較的新しいMBAです。専任教員のひとりである真野俊樹教授(医療経済学、医療経営学)は医療観光メディカルツーリズム論の日本の第一人者であり、このたび真野先生の招聘によりゲスト講師として当ウェルネス研究分野荒川雅志教授が講義しました。
“Executive MBA”ともいわれるCBSには、医師や医療系メーカーはじめ各分野の経験豊富な社会人が集まり、仕事が終わってのち深夜まで勉学に励むなかでの活発な質疑応答がおこなわれました。